パルス

人工透析

腎臓の構造と働き

腎臓はおなかの後側(腰のやや上)に左右1個ずつあり、形は、そら豆様形状で大きさは握りこぶし大。

重さは1個約120~150gです。 腎臓は体にとって必要なものを取り込み、不要なものを尿として排泄します。

  1. 老廃物の排泄

  2. 水分の調節

  3. 電解質の調節

  4. 血液をアルカリ性に保つ

  5. 造血刺激ホルモンの分泌

  6. ビタミンDの活性化

  7. 血圧の調節

病室

慢性腎不全とは

腎機能の一つである蛋白質代謝によって生じる尿素窒素(BUN)やクレアチニン(Cr)等の老廃物の排泄が様々な疾患が原因で、尿中に排泄出来なくなり、腎臓の機能が低下した状態を腎不全といいます。

腎不全になり体の中に老廃物が蓄積してくると、尿毒症症状【だるい・疲れやすい・吐き気・嘔吐・食欲がなくなってくる・咳・動悸・息苦しさが現れ、集中力がない・しびれ・けいれん等】が出てきます。

慢性腎不全の合併症

​​高血圧、心不全・肺水腫、高カリウム血症、感染症、貧血、皮膚のかゆみ、色素沈着